船橋市 整体 マッサージ はり 出張 リハビリ しばやま鍼灸接骨院

船橋市 はり 整体 マッサージ 骨盤調整 リハビリ 訪問サービス

船橋市 整体 マッサージ はり 出張 リハビリ りばやま鍼灸接骨院

私たちは、癒しを求め来院される患者さんに対し、真摯な態度でその声に応えられるよう努力・精進します

  • 専門スタッフと豊富な治療機器でお客様を強力にサポートします

    トップアスリートをサポートしてきた豊富なノウハウ
    「良くなった」お客様の元気な笑顔を見たい
    自分に合った治療がきっと見つかります
    腰痛、肩こりから骨折脱臼まで各専門分野の臨床経験豊富なスタッフが応対します。
    当院独自の豊富な治療メニューと専門スタッフによる治療・リハビリ・トレーニングでお客様を強力にサポートします。

    柔道整復師は捻挫・打撲・肉離れ・骨折・脱臼等の応急処置やリハビリを行います。
    理学療法士は慢性腰痛・肩こり・五十肩・変形性膝関節症などの治療とリハビリを行います。
    鍼灸師は、神経痛・ぎっくり腰・その他痛み・耳鍼(ダイエット・花粉症)・スポーツケアを行います。
    トレーナーは復帰のためのトレーニングやケガ予防の体作りをお手伝いします。また試合に向けたコンディション作りや疲労回復ケアも得意です。
    しばやま鍼灸接骨院は各専門スタッフが施術する総合専門治療院です。

    しばやま鍼灸接骨院杉田院長のブログ

  • しばやま鍼灸接骨院が 選ばれる理由

    こんな事でお困りではありませんか?
    ●現在治療を受けているが、中々改善しない
    ●もう少し詳しく自分の体を診て欲しい
    ●症状が変わらないのに漠然と同じ治療を続けている
    ●同じ痛みを繰り返してしまう
    ●痛みを感じるが病院では「何でもない」と言われた
    ●体本来の自然治癒力で治したい

こんな症状でお困りの方に

新型コロナウィルスが蔓延し、日常生活に悪影響が出ている中、2020東京オリンピック・パラリンピックは2021年7月に延期されました。しばやま鍼灸接骨院ではレスリング選手が出場でき、またメダルが取れるようにサポートしていきます。

ワクチン接種に関するよくあるご質問と回答(船橋市ホームページより抜粋)

2021.6.10

◎新型コロナウイルスワクチンの接種について
ワクチン接種に関するよくあるご質問と回答(船橋市ホームページより抜粋)

Q:ワクチン接種は強制ですか。
A:強制ではありません。情報提供した上で、接種を受ける人の同意がある場合に限り、接種を行います。
※予防接種を受ける方には、予防接種による感染症予防の効果と副反応のリスクの双方について理解した上で、自らの意志で接種を受けていただいています。受ける方の同意なく、接種が行われることはありません

Q:なぜ2回接種するのですか。
A:1回の接種では十分な効果が得られない可能性があるため、2回の接種が必要となっています。
※ファイザー社のワクチンでは、通常、1回目の接種から3週間後に2回目の接種を受けます。1回目から3週間を超えた場合には、できるだけ早く2回目の接種を受けてください。

Q:接種の対象にならない人はいますか。
A:・現在薬事承認されている、ファイザー社の新型コロナワクチンについては、12歳以上が薬事承認の対象となっています。また、予防接種法に基づく公費での接種の対象は12歳以上の方です。このため、12歳に満たない方は、ワクチンの接種の対象にはなりません。

・投薬・治療中の人、アレルギーをお持ちの人等は、主治医にご確認ください。(各ワクチンの成分は、厚生労働省HP「ファイザー社の新型コロナワクチンについて(外部リンク)」を確認いただくか、開発企業のコールセンターでご確認ください。)

・既にコロナウイルスに感染した人も、接種の対象とされていますが、受けた治療の内容によっては、治療後から接種まで一定の期間をおく必要がある場合がありますので、主治医にご確認ください。

・妊娠又は妊娠している可能性のある方は安全性に関するデータが限られていることから、接種のメリットとデメリットをよく検討して接種を判断していただくこととしています。

・授乳中の方は、現時点で特段の懸念が認められているわけではなく、海外でも接種の対象とされていますが、お悩みの方は主治医とご相談ください。

Q:接種の予約をしたいのですが、どこに連絡すればよいですか。
A:まずはかかりつけ医に相談してください。医療機関によっては、かかりつけ患者のみの接種に対応している場合がございます。そのため、接種券に同封されている「新型コロナウイルスワクチン接種実施医療機関一覧」に、かかりつけ医が掲載されていなくとも対応できる場合がございます。

Q:かかりつけ医がなく、市が送付した「新型コロナウイルスワクチン接種実施医療機関一覧」を見て連絡しているが、なかなか予約が取れない。
A:コールセンターで、予約状況に空きがある医療機関をご案内しております。ご案内できる医療機関は、お住いのお近くでない場合もございますので、ご了承ください。厚生労働省の接種総合窓口「コロナワクチンナビ」も併せてご利用ください。

Q:国が実施する自衛隊東京大規模接種センターでの接種を希望しているのですが、どのような手続きが必要ですか。
A:防衛省の予約ウィブサイトまたはLINEからの予約が必要です(電話での予約は受け付けていません)。予約には市から発送される接種券が必要です。接種を希望する方で、接種券の送付が間に合わない65~74歳の方は、市コールセンターにお問い合わせいただくか、FAX、メールで大規模接種センターでの接種券送付の希望と氏名(ふりがな)・住所・生年月日をご連絡ください。

 ≪ 東京大規模接種センター予約のための接種券送付依頼先≫
 船橋市新型コロナウイルスワクチン接種・相談特設コールセンター
 電話番号:050-5526-1142
 ※お問い合わせの際に、電話番号のおかけ間違いが増えております。電話番号をよくお確かめのうえ、おかけ間違えのないようお願いいたします!!
 対応時間:8:00から17:00(平日・土日祝日を含む)

 FAX:047-409-2952
 メールアドレス:corona-soudan@city.funabashi.lg.jp

 接種について詳しくは、防衛省ホームページをご確認ください。

Q:かかりつけ医以外でワクチン接種する場合は、かかりつけ医の同意が必要ですか。
A:予診票に「病気を診てもらっている医師に今日の予防接種を受けてよいといわれましたか」という、質問項目があります。かかっている病気によっては、接種を慎重に検討した方がよい場合がありますので、事前にかかりつけ医とご相談ください(口頭で可能)。

 また、ワクチン接種前に、「ワクチン接種の当日の流れ」をご確認ください。

Q:接種券を紛失してしまった。接種券がなくてもワクチン接種できますか。
A:接種券がないとワクチン接種できません。コールセンターで再発行の手続きをお願いします。

Q:接種すると副反応があると聞いたが、どんな症状ですか。
A:注射した部位の腫れや痛み、発熱、倦怠感、頭痛などの副反応が起こることがありますが、通常数日以内でよくなります。

ワクチン接種前に、「ワクチン接種副反応」をご確認ください。

その他、ご不明な点があれば
船橋市新型コロナウイルスワクチン接種・相談特設コールセンター
 電話番号:050-5526-1142
 ※お問い合わせの際に、電話番号のおかけ間違いが増えております。電話番号をよくお確かめのうえ、おかけ間違えのないようお願いいたします!!
 対応時間:8:00から17:00(平日・土日祝日を含む)

 なお、コールセンターではワクチン接種の予約は受け付けておりません。ご自身の接種券が届いたら接種を実施する各医療機関に予約してください。現在、電話が混み合っており、つながりづらくなっています。一度かけてつながらない場合には、時間を空けておかけ直しいただくようお願いします。

そのほかワクチン接種について、厚生労働省のQ&Aもご確認ください。
 新型コロナウイルスワクチンの接種に関する厚生労働省のQ&A(外部リンク)

院のご案内

水曜日・祝日 休業
※日曜日が祝日の場合は【日曜日⇒営業】【翌月曜日⇒休業】
※訪問でのマッサージ・リハビリ・はりきゅうは水曜日も行っています。
※鍼灸治療は時間外、休日でも対応しております(休診日前予約が必要です)

【ご予約について】3密を避ける為、全てについて予約が可能です。
電話受付をご利用ください。

TEL:047-462-7737 

電話受付とは
お電話で当日治療の順番を受付、混雑時間を避けることが出来ます。
※診察が必要な方(初診・久しぶりに来院など)でも予約が可能です。午前11時30分、午後は6時30分(土曜は4時30分)までにご来院ください。
※整体・肩こり専門治療・はりきゅう・マッサージは当日施術が困難な場合がございます。施術ご希望の方は予約状況のご確認をお願い申し上げます。

【整骨院や接骨院にかかる方へ】
『厚生労働省『柔道整復師等の施術にかかる療養費の取扱いについて』